【公開】アメブロの集客コンサルで実際にやったこと【収益1000万超】

【公開】アメブロの集客コンサルで実際にやったこと【収益1000万超】

ご覧いただきありがとうございます。

 

この記事では
「実際にアメブロの集客コンサルでやったこと」
をつまびらかにしていきたいと思います。

 

 

僕自身、アメブロを活用して実際に
約1000人のメルマガ読者を集め、
1000万円以上の収益を上げました。

 

さらに、その方法と経験をベースに
アメブロのコンサルティングを行いました。

 

 

その結果、クライアントさんは

 

・いいね平均200〜300獲得
・アメブロ読者1000人オーバー
・アメブロで全くの0から月3万円、月5万円、月10万円
・0から始めて1年でアメブロで月100万円超え
・アメブロからだけでメルマガ読者1600人超え
・アメブロからの収益だけで1000万円近く

 

などなど、数々の素敵な結果を
出してくださいました。

 

 

 

現在は、僕自身はライターさんなどを雇って
メディア運営などを中心にしているため、
アメブロコンサルは行っておりません。

 

アメブロのコンサルは僕のアメブロコンサルを
受けてくれて、月7桁達成したクライアントさんに
お願いしています。

 

 

ただ、この記事では僕自身の手で改めて
アメブロコンサルでお話ししてきたことを
お伝えしたいと思います。

 

 

アメブロで1000万円の種銭を作ろう

 

最初から話が逸れるように感じるかもしれませんが、
ちょっとだけ。

 

 

アメブロでずっと稼いでいくのもいいですが、
アメブロで1000万円を作ってそれを広告や
その他のことに投資していったらいいと
思っています。

 

 

現に僕自身も、アメブロでサクッと
1000万円以上の種銭を作り、
ライターさんを雇って
様々なウェブメディアを構築することに
投資しています。

 

 

もちろん、なんでもいいと思います。

 

 

僕の場合は、コーチング、
コンサルティングビジネスをある程度やってきて
今度は「無機質的」なものをやってみたいな
ということでメディア運営を始めました。

 

もちろん、ライターさんたちとのやりとりが
あるのである程度、人とのコミュニケーションは
あるわけですが、これまでとはまた違った形の
交流を楽しんでいます。

 

 

話を戻します。

 

 

とりあえず、アメブロで1000万円稼ぐのは
全然スタートラインと思っていただけたら
いいかなと思っています。

 

 

やっぱり、1000万円をゴールとしてしまうより、
アメブロで1000万円をサクッとやって
次何やろうかな、くらいの方がきっと滑らかに
いくと思います。

 

 

では、具体的に何を僕がクライアントさんたちに
コンサルティングの場で話してきたか、
お伝えしたいと思います。

 

 

 

「自分の経験(強み)×需要」でコンセプトの種を作りましょう

自分の経験から強みを見出す

 

 

まず、最初にやってもらったことは
「半生の棚卸し」
です。

 

 

みなさんそれぞれに、
歩んできた道があります。

 

 

それは自分の人生の中での様々な出来事だったり、
受けてきた何らかの講座だったり、
その他にも独学で学んできたことだったり。

 

 

そしてこれらを書き出してもらうのと同時に、
人生における「感情の起伏」も書き出してもらいました。

 

 

何歳のときにどんなときがあって、
どんな感情だったのか?
それは具体的に言うとどんな感じだったのか?

 

 

自分が最も大変だったとき、つらかったとき
というのは実は自分が
「最も頑張っていたとき」
でもあります。

 

 

もちろん、今でもたくさん頑張っているところは
あると思います。

 

 

でも、最も大変だったときに
必死にあがいたこと、
もがいたこと、
試行錯誤したこと、
というのは本当に
「自分の持つ大きな力」
になっています。

 

 

そんなときに培われたもの(考え方やノウハウ)は
間違いなく本物です。

 

 

なので、半生の棚卸しを
「出来事や学んだもの」ベースで出してもらいつつ、
感情の起伏という「感情視点」でも丁寧にしてもらいます。

 

 

世間の需要と合わせてみる

 

 

そして自分の強みが見えてきたら、
それを世の中の需要と合わせて眺めていただきます。

 

 

「ビジネスになる」とは、
「誰かが求めていてお金を払ってくれる」
ということです。

 

 

なので、自分の強みを「これが私の強みです!!」と
独りよがりの主張にならないように、
「この私の強みはあなた(世間)のこんな役に立つよ!」
と合わせて伝えていく必要があります。

 

 

もっと言えば、

 

「こんなことで悩んでいませんか?
(こんな未来を作りませんか?)
それには私の強みがきっとお役に立ちます」

 

としたら全然売れますね。

 

 

ということで、世の中の需要を見てみます。

 

 

世の中の需要を見るとは?

 

 

世の中の需要を見るというと難しく聞こえるかも
しれませんが、すごくシンプルです。

 

 

「どんな商品、サービスが存在していて、
実際に売れているのか?」

 

ということを調べる、
ただこれだけです。

 

 

世の中に全くないものを新しく世の中に出して
売ろうとするのはなかなか難易度が高いです。

 

 

例えば、今スマホは世の中にありますよね。
そしてみんな知ってるし、多くの人が使っています。

 

 

でも、もしまだ誰もスマホを知らなかったら、
スマホを売るのって大変なんです。

 

 

もちろん、すでに存在している「携帯電話」を
似たものとして紹介しながら教えることは
できますが、なかなか難易度が高い。

 

 

お金も時間もかかります。

 

 

ということで、
すでに世の中に存在していて、
売れているものを眺めて「需要」を知ります。

 

 

 

未来を描いてコンセプト化する

 

 

で、「強み×需要」で何となく見えてきたら、
コンセプト化します。

 

そのときに「お客さんの未来」を明示できると
いいですね。

 

これは豊かになる秘訣です。

 

 

モノやサービス自体を売ろうとすると
価格の限度があります。

 

 

ただ、それを超えたところに
「売るポイント」
をセットすると価格は青天井です。

 

 

それを端的に表したものが
「お客さんの未来」
であり、
「お客さんのライフスタイルや人生」
です。

 

 

 

コンセプトを作ったらステップ化する

 

 

そうして「未来」を含んだコンセプトを
作り終わったら、「ステップ化」します。

 

 

「ステップ化」することによって、
その未来までの道のりがわかりやすく
可視化されます。

 

 

具体的には
「3STEP」か「5STEP」
でOKです。

 

 

3STEP化のメリット

 

3STEP化だと「必要ステップ」が簡潔に
表現されているので、その分軽やかに辿り着けると
感じてもらいやすいです。

 

そうなると、そのステップの1歩目への
踏み出しをしてもらいやすくなります。

 

 

5STEP化のメリット

 

一方、5STEP化だと「必要ステップ」は
長く感じられて、ゴールへの道のりが
遠く感じられやすいです。

 

ただ、そこに魅力を感じる人もいます。

 

5STEPだと、3STEPよりもより具体的に
ゴールへの道しるべが記されているので
「安心感」を持って踏み出せる人がいます。

 

 

3STEP化と5STEP化どっちがいい?

 

両方やってみてしっくりくる方でOKです。

 

手順はこんな感じです。

 

 

1.描いている未来に到るまでに
「必要だと思うこと」
をすべて書き出す

 

2.それを整理してグループ化

 

3.それらのグループをそれぞれキーワード化

 

 

これをやってみて、
「3STEP」の方がうまくまとまる感じであれば
それでOK。

 

「5STEP」の方がうまくまとまるのであれば、
それでOK。

 

 

 

記事を5〜10本試し書き

 

そうしてできたら、
記事を5〜10本試し書きして公開します。

 

自分の生み出したコンセプトとは言え、
最初は自分の中でも「ふわっ」としている
部分もあるので、記事の試し打ちをしながら
コンセプト固めをしていきます。

 

 

文章ボリュームはそんなに多くなくても
大丈夫です。

 

「1記事1200〜1500字」

 

くらいでOKです。

 

 

5本くらい書いてみたらツール運用開始

 

アメブロでアクセスを稼ぐためには、
主に「ランキング上位獲得」か
「いいね&フォローでアプローチ」です。

 

(参照:「アメブロで集客するにはどうしたらいい?」

 

ここでも書いていますが、
ランキング上位はなかなか不確実性も高く、
時間もかかります。

 

 

それに比べると、多少の経済的コストはかかるものの
費用対効果の高いアメブロツールを有効活用すると
非常に効率が良いです。

 

 

例えば僕の場合、

 

アメブロ開始初月で3万円、
1ヶ月後には月10万円、
2ヶ月後に月45万円、
6ヶ月後に月74万円、
10ヶ月後に月159万円、

 

と伸びていきました。

 

 

これはアメブロツールを有効活用してなければ
生まれなかった収益です。

 

2,980円/月のコストがかかりますが、
交流会やイベント参加の1回分くらいで
1ヶ月で約1万人(350人×30日)にアプローチ
できるのでコスパのいい広告だと思って
運用開始しました。

 

 

(参照:「アメブロツールの徹底比較〜注意すべきツール〜」)

 

 

余裕ができたらメルマガを開始しよう

 

そうしてツール運用などで自分のブログのファンを
増やしていきながら余裕ができたら、
メルマガを始めましょう。

 

 

ブログは「プル型」の「オープン」なメディアです。

 

多くの人に知ってもらいやすいですが、
読者さんには「自主的に来てもらう」必要があります。

 

 

一方で、メルマガは「プッシュ型」の「クローズド」なメディアです。

 

登録してもらうためには
プル型のメディアなどが必要ですが、
こちら側から相手の元に届けることができます。

 

モノやサービスを売る場合には、
こちらから相手のメールボックスに直接届けられて、
かつ「1対1感(個別感)の強い」性質があるので
効率的です。

 

 

恋愛で考えてみる

 

恋愛で考えてみるとわかりやすいかもしれません。

 

 

イメージとしては、
何人かでグループで遊ぶ(みんながいる)のが「ブログ」、
1対1でデートする(2人きりな)のが「メルマガ」です。

 

 

物やサービスを売るのは「告白」と言えます。

 

 

とすると、告白は「1対1」の方が成功しやすいですよね。

 

 

これが、メルマガの方が売れる理由です。

 

 

「みんなで遊んで」(=ブログで)仲良くなって、
「1対1でデートして」(=メルマガ)より仲を深めて、
「1対1で」(=メルマガ)告白する。

 

 

ということです。

 

 

何度も繰り返し読みながら、
実際に紙やノートを出して書き出して
実践してみてください。

 

 

 

今回も、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

よければこちらも合わせて
お役立てください。

 

「アメブロで最初の1000万円を稼ぐ」

 

「単価200円から単価100万円になった話」